フランスの図書館とアニマシオン(シビックカフェ)


フランスの図書館とアニマシオン

※残席わずかなため締切り間近です※

平成29年度シビックカフェ事業

「フランスの図書館とアニマシオン」を開催いたします!

日時:平成29年9月12日(火)19:00~20:30(受付 18:45~)

場所:山川図書館 2階 ホール

講師:ドミニク・アラミシェル氏

通訳:辻由美氏

参加費:無料

定員:50名(先着順)

申込:山川図書館の窓口か電話(0993-35-3300)でお申し込み下さい。

アニマシオンとは、魂(アニマ)をイキイキわくわくさせる活動のことです。

日本でも教育現場などで広く取組まれており、

山川図書館では、読書や本にかんするアニマシオンを積極的に取り組んでいます。

今回は、アニマシオンの本場・フランスの公共図書館で長年図書館司書として務め、

『フランスの公共図書館 60のアニマシオン』(教育史料出版会)の著者である、

ドミニク・アラミシェルさんをフランスからお招きして、フランスの公共図書館のおはなしや、

アニマシオンについての勉強会を行います。

図書館関係者や、教育関係者以外の方でも、市民活動やボランティア活動に興味のある方など

多くの方にお楽しみいただけるイベントです。

*ドミニク・アラミシェル氏 プロフィール*

1960年生まれ。小学校教員を経て、図書館司書に。フランスにおいて、公共図書館子どもセクションの責任者を務めてきた。長年にわたって、図書館における児童書を用いたアニマシオンの実践・研究に携わっており、現在、絵本を用いたアニマシオンに関して、子ども担当司書たちに対する職業教育員も兼任している。―(読書のアニマシオン研究会ホームページ「ドミニク企画」より)


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索